愛しのモモちゃん -  猫自慢お悩み相談里親探し豆知識専門コミュニティ

猫の習性

猫ってどんな動物?
もっと知りたい猫のあれこれ・・・

猫の性格

猫全般に言われる代表的な性格ですが、猫種や個体差によって多少違いがあります。

気まぐれ

猫は可愛く甘えてきますがいつも甘えません。
人間が遊んであげようと思っても知らんプリすることがあります。

気が向いたときだけ甘えて、遊びたい時に遊ぶのが猫です。

単独主義

犬は「集団生活者」で、猫は「単独生活者」と区別されます。
たとえ親兄弟であっても、一生仲良く共同生活する事はありません。(非社交的です)

猫は1人でいるのが好きです。孤独を愛しながら飼い主からも愛されたい自己中心的な動物です。

好奇心がいっぱい

猫は好奇心が強いです。
特に幼少のころは何にでも興味を示し、遊び道具にしてしまう。

この好奇心は時に災いや家出の原因になる事があります。

警戒心が強い

大人になった猫は、周囲の状況に敏感です。
新しい環境にもなかなか順応せず、 知らない人にもなかなか懐きません。

野良猫は特に警戒心が強く、心を開くまで時間と根気が必要です。

きれい好き

猫は待ち伏せして狩りをするタイプなので、相手に気付かれないように習慣的にグルーミングします。
また、汚れたトイレを嫌います。

オスとメスの違い

オス:イタズラ好き。やんちゃ坊主。甘えん坊。

メス:おだやか。おすまし屋さん。しっかりもの。

長毛種と短毛種の違い

長毛種:温厚。大人しい。

短毛種:活発。よく遊ぶ。

猫の生活習慣

猫の一日はだいたいこんなもんです。猫種や個体差によって多少違いがあります。

よく寝る

猫は「寝る子」だから「ネコ」と言われるくらいよく寝ます。
一日14時間くらい寝るそうです。

気が付けばグルーミング

猫はきれい好きです。グルーミングして狩りに備える習性があります。
また、グルーミングは気分転換になり、チョットしたことでもグルーミングをして気持ちを切り替えます。

狩り(外猫)

猫はもともと狩猟動物です。
お腹が空いたら狩りをして食べます。

人に飼われている猫は狩りをする必要はないが、本能的に動くものに反応してしまいます。

食べる(室内飼い)

飼い主のライフスタイルにもよるが規則的なのが一般的。
子猫は一日何度も食べるが、成猫は1日2回程度。

トイレ

自分の痕跡を残さないように穴を掘り、終わったら穴を埋めます。
たまに存在を誇示するため、埋めない猫もいる。(ボス猫に多い)

基本的には食べた後に用を足す。

運動・遊び

自分で適当に遊ぶ。走ったり、高い所にのぼったり。
動くものを追いかける。(猫は動くものが大好きで、本能的に動くものに反応してしまいます。)

家猫(完全室内飼い)の場合は運動不足になりがち。(飼い主が積極的に遊ばせよう)

好きな場所

猫が好きな場所は、猫の性格や環境によっても違います。

高い所

警戒心の強い猫は安全を確保するため、あたりを見渡せる所、つまり高い所を好みます。

狭い所

猫は1人でいるのが好きです。一人分の狭いスペースがむしろ誰ににも邪魔されないので好きです。

軟らかい所

座布団、毛布、タオルなど、やわらかい所が好きです。

暖かい所

日当たりの良い場所が好きです。
ただし、夏は風通しの良い涼しい所が好きです。(ひんやりした所で寝る事もあります)

嫌いなもの

嫌いなものは訓練次第で克服できるようですが、無理に克服する必要はありません。

水が嫌い(シャンプー・お風呂)

基本的に陸上動物は皆、水に濡れるのを好みません。
とりわけ猫は嫌がり方が大げさです。

猫は奇麗好きなので、お風呂に入れる必要はありません。
ただし、長毛種の猫はシャンプーしてあげた方が良いと言われてます。

上手に慣らしていくと、猫でもシャンプーできるそうです。

煙が嫌い(たばこ)

煙が近いと目をシパシパさせて逃げていきます。

これは訓練しても克服できないかも知れません。

爪とぎ

爪とぎは猫の習性(本能)なので止めさせる事はできません。

爪とぎは道具のお手入れ

猫はもともと狩猟動物です。だから猫にとって爪は大事な狩りの道具(武器)なのです。
いわば爪とぎは道具のお手入れです。狩りに備えてます。

人に飼われて狩りの必要がなくなっても、猫である限り爪とぎの習性は消えません。

爪とぎはストレス発散

もう一つの目的があります。
興奮した時やイライラした時に、爪とぎで発散させる効果があります。
また、爪とぎをしながらストレッチをして体のコンディションを整えるそうです。

どうやって爪をとぐ?

猫の爪とぎは家具や柱をバリバリ引っ掻きます。
包丁をとぐのとは違い、べつに爪が鋭くなる事はありません。
家具や柱は傷つきますが、これで古い爪がはがれ落ちて、新しい爪が出てきます。

爪をとぐのは前足だけです。
狩りに使うのは前足だから。ちなみに猫キックは狩りのスタイルではありません。

毛づくろい(グルーミング)

とにかく猫は奇麗好きです。気が付けば毛づくろいしてます。
この毛づくろいには様々な効果や役目があります。

毛並みのお手入れ

体をなめて汚れやむだ毛を落とします。
猫の舌はとてもよく出来ていて、汚れを取るだけでなく、ザラザラの舌がクシのような働きをします。
また、前歯を使って毛を噛むことも毛並みを整えるためです。

体温調整

夏はなめることで毛を濡らし、気化熱の作用で体温を下げることをします。
また冬は毛に空気の層を上手に作り出し、保温効果で体温を維持します。

におい消し

猫は獲物を待ち伏せして狩りをします。気付かれないようザラザラの舌でにおいも消してしまうのです。
よって、猫はほとんど体臭がありません。

精神安定剤

体をなめるとこで安らかな気持ちになるそうです。
飼い主に叱られた・狩りに失敗したなど、平静を取り戻すために体をなめます。

すごいポーズ

猫の体は柔軟です。毛づくろいする時は様々なポーズをとって体の隅々までなめる事ができます。

猫のテリトリー(縄張り)

猫にとってテリトリーは生きる場所なのでとても重要なものです。

スプレー行動(別名:マーキング)

縄張りを主張するためオシッコで自分のにおいを付けます。かなり臭い。

家猫(完全室内飼い)の場合、家の中がテリトリーになります。
家の中でもマーキングするので対策が必要です。

猫社会のしきたり

単独主義者の猫たちにもルールがあるようです。

♦自分が住む場所
オシッコでマーキングし、他の進入を許さない。テリトリーを守るため戦う(喧嘩をする)ことがある。
♦狩りをする場所
狩猟活動をする領域で、他の猫と共有している場合が多い。
♦夜の集会場
誰のテリトリーでもない中立地域。単独主義者のはずだが何故か井戸端会議をしているそうです。

猫の迷信

猫にまつわるいろいろなお話を集めてみました。果たしてその真偽は・・・?

猫が顔を洗うと?

「猫が顔を洗うと雨が降る」という話は昔からよく聞きます。
どうやら迷信のようです。

こじ付けではありますが・・・『雨が降る日は湿度が高いので、湿気でヒゲがかゆくなるため顔を洗う。』
なんて説が出回ってます。

猫は家につく?

「犬は人につき、猫は家につく」という話は昔からよく聞きます。
これは諸説あるようですが、個人的には「猫だって人につく」と信じてます。
ただし、外猫ではなく家猫(完全室内飼い)の場合です。

猫の家出?

これも諸説ありますが、実のところよくわかりません。要約すると以下のように解釈できます。

♦家出する派
猫はもともと好奇心の強い動物である。
家猫(完全室内飼い)が外の世界に興味をもって、つい冒険の旅に出てしまう。
冒険に満足するまで家には帰って来ない。(帰ってきた時はチョッピ野生化している)
♦家出しない派
エサと寝床と愛情がある家なら、家出するはずがない。何かが足りないから家出する。
つまり、猫の家出は飼い主に原因があります。
家出した猫が帰ってくるかは、家出の理由次第である。

死ぬ時に姿を消す?

これも諸説ありますが、どうやら迷信のようです。

完全室内飼いが珍しかった時代(昔)は、縁の下や納屋の隅で猫は死んでいたそうです。
これは体調の悪い猫が静養のため、静かな場所へ移動し、そのまま死んでしまっただけ。
見つけた飼い主が、まるで「死ぬために姿を消した」と勘違いをした名残。
完全室内飼いが多い今、ほとんどの猫は、飼い主に看取られて死んでいきます。